Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye

ファイア・アイは、サイバーフィジカルシステムの脅威に関するデータおよび分析結果を提供するサブスクリプションサービスを提供開始した。

「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」は、産業制御システムやIoT機器をはじめ、サイバーフィジカルシステムにおける脅威データや分析情報を提供するサブスクリプションサービス。

同社が提供するインシデントレスポンスサービスや、同社が運用するセンサーなどで収集した調査結果などを踏まえ、脆弱性の警告のほか、脅威の主体、戦術、活動、マルウェア、洞察など脆弱性を標的とする攻撃者の情報を提供する。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション