Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず

クレジットカードの不正利用被害において、被害者の6割近くが、不正利用された原因や手口を把握していないことがわかった。

20200129_ms_001.jpg
不正利用された原因、手口を把握しているか(グラフ:三井住友カード)

三井住友カードが、クレジットカードの不正利用被害に遭った20歳以上の500人を対象とし、2019年10月17日から同月21日にかけて、インターネットによるアンケート調査を実施、結果を取りまとめたもの。

同調査によれば、クレジットカードが不正利用された原因や手口を把握しているとの回答は42.8%。57.2%と6割近くは把握していないことがわかった。

把握しているとする214人のうち、54.2%は手口を「カード会社から聞いた」と回答。39.3%は「自分で気づいた」という。また警察から聞いたとの回答も5.1%あった。

不正利用が発覚したタイミングでは、「カード会社からの連絡」が35.4%ともっとも多く、「利用明細の確認時」が24.8%で続く。「口座引き落とし時(13.6%)」「利用通知サービス確認時(13.4%)」といった声も聴かれた。

(Security NEXT - 2020/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず