Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕

ソフトバンクの元従業員が、作業文書などを無断で社外へ持ち出したとして不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。同社は、持ち出された文書につい、機密性の高い情報は含まれないと説明している。

元従業員は1月25日、作業文書などを社外へ無断で持ち出したとして、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

同社は、元従業員について機密性の高い情報へのアクセス権限を有していなかったと説明。持ち出された文書の機密性は低く、顧客や取引先の関連情報、通信の秘密に関する情報は含まれていないとの認識を示した。

また同社システムやネットワークが、外部から不正アクセスを受けた形跡や、不正プログラムなどの検知は確認されていないという。

同社では今後も引き続き、捜査当局に全面的に協力し、公表すべき事実が判明した場合は速やかに発表する方針。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正