Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕

ソフトバンクの元従業員が、作業文書などを無断で社外へ持ち出したとして不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。同社は、持ち出された文書につい、機密性の高い情報は含まれないと説明している。

元従業員は1月25日、作業文書などを社外へ無断で持ち出したとして、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

同社は、元従業員について機密性の高い情報へのアクセス権限を有していなかったと説明。持ち出された文書の機密性は低く、顧客や取引先の関連情報、通信の秘密に関する情報は含まれていないとの認識を示した。

また同社システムやネットワークが、外部から不正アクセスを受けた形跡や、不正プログラムなどの検知は確認されていないという。

同社では今後も引き続き、捜査当局に全面的に協力し、公表すべき事実が判明した場合は速やかに発表する方針。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却