Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕

ソフトバンクの元従業員が、作業文書などを無断で社外へ持ち出したとして不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。同社は、持ち出された文書につい、機密性の高い情報は含まれないと説明している。

元従業員は1月25日、作業文書などを社外へ無断で持ち出したとして、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

同社は、元従業員について機密性の高い情報へのアクセス権限を有していなかったと説明。持ち出された文書の機密性は低く、顧客や取引先の関連情報、通信の秘密に関する情報は含まれていないとの認識を示した。

また同社システムやネットワークが、外部から不正アクセスを受けた形跡や、不正プログラムなどの検知は確認されていないという。

同社では今後も引き続き、捜査当局に全面的に協力し、公表すべき事実が判明した場合は速やかに発表する方針。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開