Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にアップデート - 重要度「クリティカル」の脆弱性を解消

マイクロソフトは、現地時時間4月26日にブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。「クリティカル」とされる脆弱性にも対応している。

ベースとなる「Chromium 124.0.6367.91」がリリースされたことを受け、「MS Edge 124.0.2478.67」をリリースしたもの。

「Chromium」の修正内容を反映したもので、脆弱性3件に対応した。「MS Edge」特有の脆弱性は含まれていない。

「CVE-2024-4058」は、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性。グラフィックスエンジン「ANGLE」において型の取り違えが生じる問題に対処した。

あわせて重要度を1段階低い「高(High)」とレーティングされた脆弱性2件に対応している。

具体的には、スクリプトエンジン「V8」の「API」に明らかとなった域外メモリの読み込み「CVE-2024-4059」、グループポリシー管理に利用する「Dawn」に判明した解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-4060」を修正している。

(Security NEXT - 2024/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用