Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社

岐阜新聞社は、パソコンがマルウェアに感染し、同社従業員を装ったなりすましメールが取引先に送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社になりすましたメールが届いたと取引先から連絡があり、調査したところ、同社のパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。

マルウェアによって同社と過去にメールでやり取りした情報が窃取され、取引先になりすましメールが送信された可能性がある。

同社では、同社や同社の従業員を名乗り不審なメールを受け取った場合は、本文中のURLや添付ファイルは開封しないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力