Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生

「Nextcloud」の開発チームによると、対象外の環境であったり、多くでアップデートが実施されていたことから、30万あるサーバのうち、被害が生じたのは2件のみで影響は限定的だったとしている。

攻撃者は「Nextcloud」の利用者を明確に狙って攻撃を展開したと見られており、今回の攻撃は「NextCry」と名付けられた。サーバの侵入後に悪意あるPythonスクリプト用いてデータを暗号化していた。

暗号化され、被害を受けたサーバでは、復号を条件に暗号資産(仮想通貨)のBitcoinを用いて、0.025BTCを送信するよう求める脅迫文が残されていた。現地時間11月19日の時点で問題のBitcoinアドレスに対する入金は確認されていないという。

「Nextcloud」を利用している場合に限らず、今後脆弱性への攻撃が展開されることも予想され、影響を受ける環境では、アップデートの実施など早急な対応が求められる。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意