Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生

「Nextcloud」の開発チームによると、対象外の環境であったり、多くでアップデートが実施されていたことから、30万あるサーバのうち、被害が生じたのは2件のみで影響は限定的だったとしている。

攻撃者は「Nextcloud」の利用者を明確に狙って攻撃を展開したと見られており、今回の攻撃は「NextCry」と名付けられた。サーバの侵入後に悪意あるPythonスクリプト用いてデータを暗号化していた。

暗号化され、被害を受けたサーバでは、復号を条件に暗号資産(仮想通貨)のBitcoinを用いて、0.025BTCを送信するよう求める脅迫文が残されていた。現地時間11月19日の時点で問題のBitcoinアドレスに対する入金は確認されていないという。

「Nextcloud」を利用している場合に限らず、今後脆弱性への攻撃が展開されることも予想され、影響を受ける環境では、アップデートの実施など早急な対応が求められる。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
「Emotet」国内被害、10月後半より増加 - 過去やりとり踏まえた「なりすましメール」で拡大
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
高校のサーバがランサム感染、学習成果物など被害 - 川崎市
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡