Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生

「PHP-FPM」においてコードの実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、システムへ侵入後にファイルを暗号化し、身代金を要求するランサムウェア「NextCry」が確認された。

問題の脆弱性「CVE-2019-11043」は、「Nginx」と「PHP-FPM」を組み合わせ、特定環境下で利用している場合にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。10月24日に同脆弱性を修正するアップデートがPHPの開発チームよりリリースされている。

同脆弱性に関しては、GitHubにおいて「実証コード(PoC)」が公開されており、国内の複数ベンダーにおいても悪用が可能であることが確認された。10月後半より脆弱性について調査するアクセスなども観測されている。

オンラインストレージのオープンソースソフトである「Nextcloud」では、過去のインストールドキュメントで問題の構成を推奨していたこともあり、脆弱性判明後に注意喚起を行っていたが、同ソフトの導入環境に対し、脆弱性を狙った攻撃が展開され、一部で被害が生じたという。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛