Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書

ICT-ISACと米IT-ISACは、セキュリティ上の脅威に関する情報共有体制の強化を目指し、覚書に署名した。

米IT-ISACは、大統領令に基づき2000年に設立。ITや通信、セキュリティ分野のベンダーが参加するほか、「National Council of ISACs(NCI)」を通じて他業界とも連携している。

日本国内の通信や放送、情報サービス事業者などが参加するICT-ISACと、米IT-ISACは、さらなる情報共有体制の強化や会員企業間における協力の促進を目指し、覚書(Memorandum Of Understanding)に署名した。

今後は同覚書に基づき、機微情報の取り扱いを留意した上で脅威やインシデント情報の共有、情報共有の自動化、会員企業間における協力の促進などを推進していく。

(Security NEXT - 2019/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起