Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差

フィッシングメールを見分けることができると答えた日本のビジネスパーソンは51%だった。海外と比較すると3割強低い結果となった。

ウェブルートが8月2日から15日にかけて日本、米国、イギリス、オーストラリア各1000人のビジネスパーソンを対象にフィッシングに関する意識調査をインターネットを通じて実施、結果を取りまとめたもの。

これまで個人情報や金融関係のデータが、不正やハッキングで侵害された経験があるか聞いたところ、「ある」との回答は日本が19%で、他国の48%を大きく下回った。

フィッシングメールを見分けられると思うか尋ねたところ、海外では9割前後が「見分けられる」と回答。日本は51%と3割ほど低い結果となった。

手口が日々巧妙化している現状を踏まえると、本人の自信と実際に見分ける能力が必ずしも一致しているとは限らず、海外に比べて日本の方が慎重であるとも考えられる。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく