Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸大関係者装うマルウェアメールに注意 - 返信メールを演出

神戸大学は、同大関係者を装い、マルウェアを送りつけるメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

同大によれば、10月11日ごろから同大関係者をかたるメールが確認されているもの。メールアドレスは異なるものの、差出人を同大関係者になりすましていた。

問題のメールは「返信メール」を偽装。「Re:」からはじまるメールの件名にくわえ、英語や日本語で記載されたメールの本文には、過去に実際にやり取りされたメールの内容を記載しているケースもあるという。

マルウェアを含む「Wordファイル」が添付されており、同ファイルを開かせるため、過去にやり取りがあった知り合いからのメールを演出していると見られる。

同大では、同大関係者からメールを受信した際、送信者と面識がある場合でも慎重に対応するよう求めている。

類似した手口としては、大阪大学の関係者を装うケースも確認されている。同様の手口で別の組織になりすます可能性も高く、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調