Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型ウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の利用者向けにログ分析サービスを11月1日より提供開始する。

「InterSafe GatewayConnection」は、マルチデバイスに対してウェブフィルタリングを適用できるクラウド型のゲートウェイサービス。

今回提供を開始する「ログ分析オプション」では、Sumo LogicジャパンのSIEMを採用。ウェブへのアクセスログをもとに、ダッシュボード上へアクセス状況を表示、セキュリティリスクを可視化する。

機械学習により、アクセスログをグループごとに分類し、傾向分析にも活用することが可能。異常値を検知した場合にはアラートを発行できる。

1日あたり3Gバイトまでの場合、年間利用料は75万円(税別)。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも