Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区

東京都豊島区は、教育委員会から区立中学校あてに送付した新入学予定者名簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同区によれば、10月9日に、同区の文書送付システムを用いて庁舎内から発送した新入学予定者名簿の写しが、所在不明になっているもの。同名簿には、区立中学校1校分、288人分の入学予定者の氏名、生年月日、保護者氏名、住所などが記載されていた。

同月16日、送付先の副校長が教育委員会に問い合わせたことから、所在がわからなくなっていることが判明。学校内や文書交換室、教育委員会内などを捜索したが発見できなかった。

同県では、対象となる入学予定者および保護者に対し、電話と書面による報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市