Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍

フィッシングに関する報告件数の増加傾向が続いている。過去最多を記録した前月をさらに上回り、6000件台に達した。

フィッシング対策協議会によれば、9月に寄せられたフィッシングの報告件数は6218件。前月の5577件から641件増となった。1日あたり、207.2件の報告が寄せられたことになる。

2019年2月以降、増加傾向が続いており、7月は2014年6月以来、6年1カ月ぶりに4000件台を記録。8月は5000件を超えて最多記録を更新したが、それを上回る結果となった。

一方、フィッシング攻撃に悪用されたURLは、3カ月連続で2000件を超えるなど高い水準で推移しているが、報告件数の増加には比例しておらず、前月の2111件から24件減となる2087件だった。悪用されたブランドは47件。前月から1件減少している。

20191003_ap_001.jpg
フィッシング報告や誘導先URLの推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず