Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック

インテックは、ウェブ閲覧の実行環境を組織のネットワークから分離する「インターネット分離サービス」を10月中旬より提供開始する。

同サービスは、Linuxのコンテナ技術を活用し、ウェブサイトの実行環境をデータセンターに構築。ユーザー環境で画面情報のみ参照することで実行環境と分離するもの。

ジェイズ・コミュニケーションの仮想ブラウザソリューション「SCVX」を採用。サービスとして提供するため、サーバなど導入することなく利用できる。サンドボックスチェック機能などオプション機能も用意した。

料金は、同時接続数が10の場合月額料金が10万円から。別途初期料金40万円が必要。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス