Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けプラグイン「Rich Reviews」に対するゼロデイ攻撃が発生中

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されていたプラグイン「Rich Reviews」に未修正の脆弱性が存在し、攻撃キャンペーンが展開されていることがわかった。

「同1.7.4」および以前のバージョンにおいて、オプションアップデート機能に格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在し、未修正の状態となっているもの。

Defiantによれば、認証なしに脆弱性を悪用することが可能で、同社では4月以降、不正なコードを挿入する攻撃キャンペーンを観測しているという。外部サイトへリダイレクトしたり、不正なポップアップ広告を表示するマルバタイジングを展開していた。

「Rich Reviews」に関しては、セキュリティ上の問題からWordPress.orgにおいて3月11日より公開が中止されている。開発元のNuanced Mediaは、修正版の開発に取り組んでいるとアナウンスしているが、公開は早くとも10月以降になる見込み。

同攻撃キャンペーンでは、同プラグインに限らず、「Yuzo Related Posts」「WP Live Chat Support」「Form Lightbox」など少なくとも10種類以上のプラグインにおける脆弱性が標的とされている。さらに別のプラグインが標的となる可能性もあり、警戒が必要だ。

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起