Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けプラグイン「Rich Reviews」に対するゼロデイ攻撃が発生中

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されていたプラグイン「Rich Reviews」に未修正の脆弱性が存在し、攻撃キャンペーンが展開されていることがわかった。

「同1.7.4」および以前のバージョンにおいて、オプションアップデート機能に格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在し、未修正の状態となっているもの。

Defiantによれば、認証なしに脆弱性を悪用することが可能で、同社では4月以降、不正なコードを挿入する攻撃キャンペーンを観測しているという。外部サイトへリダイレクトしたり、不正なポップアップ広告を表示するマルバタイジングを展開していた。

「Rich Reviews」に関しては、セキュリティ上の問題からWordPress.orgにおいて3月11日より公開が中止されている。開発元のNuanced Mediaは、修正版の開発に取り組んでいるとアナウンスしているが、公開は早くとも10月以降になる見込み。

同攻撃キャンペーンでは、同プラグインに限らず、「Yuzo Related Posts」「WP Live Chat Support」「Form Lightbox」など少なくとも10種類以上のプラグインにおける脆弱性が標的とされている。さらに別のプラグインが標的となる可能性もあり、警戒が必要だ。

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性