Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加

「誤送付」のなかでもっとも多かったのは「メール誤送信」で586件。全体の25.2%を占める。次に多かったのは「宛名まちがいなどによる誤送付」で346件だった。

330件ある「その他漏洩」の内訳を見ると、「関係者事務処理、作業ミス」が205件で最多。「プログラム、システム設計、作業ミス」が50件、「不正アクセス、不正ログイン」が38件と続く。そのほか「口頭での漏洩」が31件、「システムのバグ」が5件、「ウイルス感染」が1件だった。

紛失、盗難事故を媒体別に見ると、「書類」が274件で51.5%を占めた。次いで「携帯電話、スマートフォン」が128件、「ノートPC、モバイル機器」が76件、「USBメモリなど可搬記録媒体」が11件だった。

また漏洩以外の事故を見ると、「目的外利用」が前年度の18件から41件へと目立って増加し、もっとも多かった。「誤廃棄(24件)」「消失、破壊(8件)」「同意のない提供(6件)」「不正取得(4件)」と続く。前年度に15件の報告があった「内部不正行為」は1件へ減少した。

20190925_ji_002.jpg
「その他漏洩」の年度別の件数(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査