Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が

IDやパスワードなどがフィッシング攻撃によって詐取され、携帯電話会社の「キャリア決済」が不正利用されたという相談が、全国の消費生活センターへ寄せられている。

「キャリア決済」は、携帯電話の利用料金とあわせて請求が行われる決済サービス。主要キャリアは「ドコモ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」といったサービスを展開している。

通信販売やコンテンツ販売、オンラインゲームなどに利用されており、各携帯電話キャリアの画面でID、パスワード、暗証番号を入力することで決済が行える。クレジットカードが不要なため、クレジットカードを持てない学生などの需要もある。

容易に決済が完了し、支払先を一括できることから利用が拡大。一方で「ID」「パスワード」「暗証番号」によって決済が完了する手軽さから、SMSを利用したフィッシング攻撃、いわゆる「スミッシング」の標的となっており、国民生活センターが注意喚起を行った。

具体的な手口としては、携帯電話会社を偽装。「不正ログインされた可能性がある」「電話代が高額になっている」「プレゼントがある」などといったショートメッセージ(SMS)を送信して、メッセージ内のリンクから携帯電話会社の偽サイトへ誘導。IDやパスワード、暗証番号などをだまし取っていた。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導