Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kea DHCPサーバ」にリモートより悪用可能な複数脆弱性

オープンソースのDHCPサーバである「Kea」に、サービス拒否に陥る脆弱性が複数含まれていることがわかった。

IPv6環境において、細工したパケットで不正終了する「CVE-2019-6472」をはじめ、IPv4環境において不正な「hostnameオプション」によって終了する「CVE-2019-6473」など、あわせて3件の脆弱性が判明したもの。

いずれも重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を修正した「同1.6.0」「同1.5.0-P1」「同1.4.0-P2」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ