Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、現地時間2月13日から15日にかけて脆弱性4件を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に追加し、注意を呼びかけた。

マイクロソフトが、現地時間2月13日に公開した月例セキュリティ更新で2件のゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21351」「CVE-2024-21412」へ対応したことを受け、同日CISAではこれら脆弱性を同カタログに追加した。

「CVE-2024-21351」は「Windows SmartScreen」に存在。一方「CVE-2024-21412」はインターネットショートカットファイルの処理に判明した脆弱性で、いずれもセキュリティ機能をバイパスされるおそれがある。「CVE-2024-21412」に関しては2023年12月下旬より悪用されているとの報告もある。

さらにCISAでは現地時間2月15日、同リストに「CVE-2020-3259」「CVE-2024-21410」を追加した。

「CVE-2020-3259」は、Cisco Systemsが提供する「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)Software」「Cisco Firepower Threat Defense(FTD)Software」に明らかとなった脆弱性。「ウェブサービスインターフェイス」に存在し、リモートより認証なしにメモリ情報を取得でき、機密情報が漏洩するおそれがある。

(Security NEXT - 2024/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県