Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco、「IOS XR」に関するセキュリティアドバイザリ7件を公開

Cisco Systemsは、現地時間3月13日に7件のセキュリティアドバイザリを公開した。「Cisco IOS XR Software」に関する複数の脆弱性を修正している。

今回公開されたアドバイザリは、いずれも同社機器に実装されているOS「Cisco IOS XR Software」の脆弱性に関するもので、あわせて8件の脆弱性に対応した。

重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされるアドバイザリはなく、3件については2番目に高い「高(High)」とレーティングしている。

具体的に見ると、「SSH」の処理で権限昇格が生じる「CVE-2024-20320」や、レイヤー2サービスにおいてサービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2024-20318」、「ASR 9000シリーズ」の「PPPoE」にてサービス拒否が生じる「CVE-2024-20327」などが含まれる。

のこる4件のアドバイザリについては、1段階低い「中(Medium)」とした。脆弱性によって影響を受ける「Cisco IOS XR Software」のバージョンは異なり、修正されたバージョンへ更新するよう求めている。

今回公開したアドバイザリで対応した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-20262
CVE-2024-20266
CVE-2024-20315
CVE-2024-20318
CVE-2024-20319
CVE-2024-20320
CVE-2024-20322
CVE-2024-20327

(Security NEXT - 2024/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市