Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート

Atlassianは現地時間2月20日、同社複数製品に向けて2月のセキュリティアップデートをリリースした。

今回のアップデートでは、「Confluence」をはじめ、「Jira Software」「Jira Service Management」「Assets Discovery」の4製品においてのべ11件の脆弱性に対処した。製品間の重複を除くと、9件の脆弱性が明らかとなっている。

バグ報奨金プログラムをはじめ、侵入テストやサードパーティのライブラリスキャンなどを通じて把握したとしており、重要度はいずれも4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングした。

「Confluence」では、8件の脆弱性を解消している。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2024-21678」がもっとも高く、「8.5」と評価されている。このほか、CVSS基本値が「7.5」とされる6件、「7.1」とされる1件を修正した。

「Jira Software」「Jira Service Management」「Assets Discovery」においてそれぞれ1件の脆弱性に対応している。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-2976
CVE-2023-5072
CVE-2023-6378
CVE-2023-6481
CVE-2023-39410
CVE-2023-41835
CVE-2023-46589
CVE-2024-21678
CVE-2024-21682

(Security NEXT - 2024/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性