Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky

Kasperskyは、同社製品に関する透明性をアピールするため、「Transparency Center」をマレーシアのサイバージャヤに開設する。

同センターは、政府関係者やパートナー企業が同社製品をレビューできる施設。これまでスイスやスペインに設置していたが、アジアパシフィック地域では、今回がはじめて。

設置にあたっては、マレーシアのサイバーセキュリティ専門機関「CyberSecurity Malaysia」と提携。同国のサイバーに関連する主要政府機関や企業の協力のもと実現したという。

脅威分析、安全性レビュー、アプリケーションセキュリティのテストプロセスを含め、製品やサービスのレビューをリクエストベースで実施できるほか、個人や法人向け主力製品におけるソースコードを確認できる。

また同社製品の全ビルド、定義データベースのアップデートの全バージョンをレビューしたり、同社クラウド基盤「Kaspersky Security Network(KSN)」に送信されるデータフィードなども確認できるとしている。

(Security NEXT - 2019/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に