Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請

金融庁や経済産業省、個人情報保護委員会は、決済事業者に対し、パスワードリスト攻撃をはじめとする不正アクセスへの対策を強化するよう要請した。

キャッシュレス決済の導入が進む一方、コード決済サービスにおいて不正アクセスによる被害が報告されていることから、決済機能を提供するアプリケーションの導入にあたり、パスワードリスト攻撃をはじめとする不正アクセスへの対策を強化するよう、あらためて決済事業者に対して要請したもの。

対策を実施する際には、キャッシュレス推進協議会が策定した各種ガイドラインや、金融庁が公開している各種事務ガイドラインを遵守し、最新のセキュリティ情報を収集してセキュリティレベルの向上に努めるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム連携する決済サービスの不正利用対策に向けて検討会 - 経産省
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
カード不要、指紋だけで本人認証するシステム - イオン銀が実証実験