Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も

第三者により不正な操作が試行され、「dアカウント」の利用者に身に覚えのない2段階認証の「セキュリティコード」の通知が届くケースが増加している。利用者が2段階認証を設定していない場合も届くケースもあるという。

NTTドコモによれば、7月17日前後より第三者のなりすましによる不正アクセスが増えたことから、利用者のもとに2段階認証を行うための「セキュリティコード」が通知されるケースが増加したという。7月18日の時点で問い合わせは601件にのぼる。

具体的な攻撃手法や規模については、セキュリティ上の問題を理由に非公表としているが、今回の攻撃手口は、IDのみ用いた不正アクセスで、「IDとパスワードによる認証が突破されたものではない(同社広報)」としている。

同社より送信された2段階認証の「セキュリティコード」が届いた段階では、認証には成功していないとし、利用者に対して冷静な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実