Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も

第三者により不正な操作が試行され、「dアカウント」の利用者に身に覚えのない2段階認証の「セキュリティコード」の通知が届くケースが増加している。利用者が2段階認証を設定していない場合も届くケースもあるという。

NTTドコモによれば、7月17日前後より第三者のなりすましによる不正アクセスが増えたことから、利用者のもとに2段階認証を行うための「セキュリティコード」が通知されるケースが増加したという。7月18日の時点で問い合わせは601件にのぼる。

具体的な攻撃手法や規模については、セキュリティ上の問題を理由に非公表としているが、今回の攻撃手口は、IDのみ用いた不正アクセスで、「IDとパスワードによる認証が突破されたものではない(同社広報)」としている。

同社より送信された2段階認証の「セキュリティコード」が届いた段階では、認証には成功していないとし、利用者に対して冷静な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加