Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも

発信元のIPアドレスには国内からのものが含まれており、その多くがTCP 80番ポート、またはTCP 81番ポートで、Wi-Fi対応ストレージ製品のログイン画面が表示された。

マルウェアに感染したWi-Fiストレージ製品が、感染拡大のためTCP 60001番ポートに対してアクセスを試みていると見られる。

同庁では、IoT機器においてファームウェアのアップデートを適切に実行し、初期設定のユーザー名やパスワードを利用せず、第三者が推測できないものへ変更するなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ