Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも

TCP 5500番ポートやTCP 60001番ポートへのアクセスが増加しているとして、警察庁が注意を呼びかけた。一部発信元には、国内のIPアドレスも含まれていたという。

同庁によれば、同庁観測システムにおいてTCP 5500番ポートに対するアクセスが6月中旬以降増加した。外部のサーバより不正プログラムをダウンロードさせ、実行を試みるものが多数を占める。

TCPシーケンス番号と宛先ポートには、ボットプログラム「Mirai」の特徴が見られた。さらに発信元のIPアドレスを調査したところ、海外製デジタルビデオレコーダ(DVR)など、IoT機器のログイン画面が表示されたという。

くわえて6月下旬より、TCP 60001番ポートに対するアクセスの増加を観測。同ポートに対するアクセスも、外部サーバから不正プログラムをダウンロードし、実行を試みるコマンドが含まれていた。

20190722_np_001.jpg
ボット「Mirai」の特徴を持ったTCP 5500番ポートやTCP 60001番ポートへのアクセス(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「ストーカーウェア」からDV被害者を保護する取り組み
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増