Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ

NTTデータのグループ会社であるクニエは、組織に潜在するリスクについてアドバイスを提供するサービスを開始した。

今回提供を開始した「インシデントリスクアドバイザリー」は、組織内に潜むリスクを発見し、不正の抑止やインシデントの発生にともなうブランド毀損リスクの低減を支援するサービス。

リスクマネジメント部門に限らず、情報システム、広報などで対応の必要が生じるリスクについて、eDiscoveryやフォレンジックによる企業の不正調査、クライシスコミュニケーションなどのノウハウをもとに、規定やルールの改善、抑止策の策定などをサポート。

過去の事例などを踏まえ、第三者の視点からアドバイスを提供するほか、発見したリスクに対するソリューションについてもワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI