Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ

NTTデータのグループ会社であるクニエは、組織に潜在するリスクについてアドバイスを提供するサービスを開始した。

今回提供を開始した「インシデントリスクアドバイザリー」は、組織内に潜むリスクを発見し、不正の抑止やインシデントの発生にともなうブランド毀損リスクの低減を支援するサービス。

リスクマネジメント部門に限らず、情報システム、広報などで対応の必要が生じるリスクについて、eDiscoveryやフォレンジックによる企業の不正調査、クライシスコミュニケーションなどのノウハウをもとに、規定やルールの改善、抑止策の策定などをサポート。

過去の事例などを踏まえ、第三者の視点からアドバイスを提供するほか、発見したリスクに対するソリューションについてもワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ