Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市

徳島県阿波市は、住民の個人情報を業務用のパソコンに無許可で保有していた職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は業務で使用するパソコンに、無許可の外部記録媒体を接続。業務において使用が認められていない個人情報503件を保有していた。

同市では、職務上の義務違反にあたるとして、同職員に対し6月25日付で停職3カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で