Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中

セブン&アイグループが7月1日より提供開始したバーコード決済サービス「7pay」において、不正利用の被害が発生している問題で、同社はチャージ機能や新規登録を停止した。

同社によれば、7月2日夕方ごろにサポートセンターへ不正利用の報告が寄せられ、調査を行ったところ、翌3日に複数の被害が発生していることが判明。ほとんどがアクセスが中国など海外のIPアドレスだったことから海外からのアクセスを制限した。

同決済サービスでは、クレジットカードやデビットカードのほか、店頭、ATMを利用した現金、nanacoポイントなど複数のチャージ手段を提供しているが、同月3日にクレジットカードおよびデビットカードを利用したチャージを停止。

さらにクレジットカードやデビットカード以外のチャージ機能についても、翌4日14時よりすべて停止した。くわえて「7pay」の新規登録についても同日18時過ぎに停止している。

すでにチャージした分は引き続き決済に利用できるが、あらたなチャージを行えなくすることで、被害の拡大を抑制しつつ、正規利用者の利便性を確保したいとしている。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
化粧品通販サイトでクレカ情報流出か - 懸念発覚から1年弱
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響