Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に

仙台農業協同組合を装ったなりすましメールが送信されているとして、同組合が注意喚起を行った。

同組合によれば、6月13日ごろから同組合のドメインを使用したなりすましメールが出回っていることを確認しているという。

宮城県産の大豆を使用したスナック菓子「仙大豆」を紹介するウェブサイトのウェブサーバが、スパム送信の原因になったとして、同サーバを停止した。

同組合では、心当たりのないメールを受信した場合は、添付ファイルやURLを開封せずメールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委