Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社

ERPパッケージの導入コンサルティングサービスを提供しているコムカルは、同社のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のメールアカウントが不正アクセスを受け、6月13日19時ごろから14日5時ごろにかけて、迷惑メールが不特定多数へ送信されたという。

同社では対象のアカウントを停止。今回不正アクセスを受けたアカウントから送信されたメールを受信した場合は、開封せず削除するよう注意喚起を実施した。

不正アクセスを受けた原因や、影響については調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害