Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳

情報処理推進機構(IPA)は、4月に実施した「情報処理安全確保支援士」の国家資格における合格者を発表した。

「情報処理安全確保支援士制度(RISS)」は、セキュリティ対策の技能や知識を備えた人材を確保する目的で設けられた国家資格。通称は「登録情報セキュリティスペシャリスト(登録セキスペ)」。

同機構では、4月21日に2019年度の春期試験を実施。応募者は2万2175人で受験者は1万4556人。2744人が合格し、合格率は18.9%だった。

合格者は同機構に申請し、登録を受けることによって、情報処理安全確保支援士の資格を取得することができる。次回10月1日の登録については、受付期限が8月15日となっている。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止