Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を

2020年に開催される東京オリンピックの観戦チケットで抽選が実施され、結果が発表された。注目度が高いイベントに便乗するフィッシング攻撃や詐欺行為に注意が必要だ。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、6月20日よりウェブサイト上でチケットの抽選結果を発表。応募者にメールで通知を開始している。

フィッシング攻撃と区別するため、組織委員会では今回送信するメールに、ウェブサイトのURLを記載しないことを表明している。もし、関連するメールに見えても、着信したメールに、ウェブサイトへ誘導するURLやリンクがある場合は、警戒が必要となる。

今回のチケット販売に限らず、新製品や注目度が高いイベントは、スパムやフィッシング攻撃などに悪用されるケースが後を絶たない。関係機関も警戒を強めており、注意喚起を行っている。

チケット当選の手続きなどに見せかけたなりすましには当然注意が必要となるが、抽選への応募に関係なく、人気競技や良い席のチケットを譲るといった話題で興味を引くメールにも気を付けたい。

今回のチケットは公式販売チャネル以外では購入できない。くわえて無断転売が禁止となっており、購入者が観戦できなくなった場合も、公式リセールサービスを通じて売却する必要がある。また購入時に必要となる「TOKYO 2020 ID」についても、譲渡や売買が禁止されている。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁