Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも

内閣サイバーセキュリティセンターは、重要インフラ14分野の事業者を対象に、サービス障害対応に向けたサイバー演習を12月8日に実施した。

重要インフラ14分野の事業者が参加した分野横断的演習で、サービス障害への対応能力の維持、向上を図ることを目的に開催。模擬インシデントに対して、重要インフラ事業者が実施するサイバーセキュリティ対策が有効に機能しているかどうか確認した。

2020年度の演習は、新型コロナウイルス感染症対策のため、会場に集合せずテレワーク環境を含む各自の職場から約4700人が参加。テレワーク実施時における対応や、東京オリンピック、パラリンピック大会期間中における対応についても確認した。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府