Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも

内閣サイバーセキュリティセンターは、重要インフラ14分野の事業者を対象に、サービス障害対応に向けたサイバー演習を12月8日に実施した。

重要インフラ14分野の事業者が参加した分野横断的演習で、サービス障害への対応能力の維持、向上を図ることを目的に開催。模擬インシデントに対して、重要インフラ事業者が実施するサイバーセキュリティ対策が有効に機能しているかどうか確認した。

2020年度の演習は、新型コロナウイルス感染症対策のため、会場に集合せずテレワーク環境を含む各自の職場から約4700人が参加。テレワーク実施時における対応や、東京オリンピック、パラリンピック大会期間中における対応についても確認した。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA