Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都

東京都は、「個人住宅建設資金融資あっせん制度」利用者の個人情報を、誤って本来送付すべき金融機関とは別の金融機関へ送付したことを明らかにした。

都によれば、6月17日10時前、住宅政策本部が同制度の利用状況に関するデータを金融機関へメールで送信した際、1つの金融機関へ送信したファイルに、ほかの金融機関の情報が含まれていたもの。添付ファイル作成時の確認が不十分だったという。

誤送信したファイルには、同制度の利用者864人分の氏名や融資額、前月および当月の利子補給対象元本額、償還内容、当月および累計の利子補給額、利率などが含まれていた。

同日、金融機関からの連絡により誤送信が判明。メールの削除を依頼。関係する金融機関に対し、説明と謝罪を行った。制度の利用者に対しては、都ウェブサイトに事故の概要と謝罪文を掲載するとしている。

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止