Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向

スマートデバイスを狙い、オンラインバンキングのアカウント情報などを窃取するマルウェアが1年間で1.5倍に増加した。

Kasperskyによれば、2019年第1四半期に同社が検知したスマートデバイスを狙ったマルウェアパッケージは90万5174件。前四半期から9万5845件減となった。

統計にはマルウェア以外にも潜在的に望まれない迷惑アプリ「PUA」が含まれており、「PUA」にあたるリスクツールが全体の29.8%を占める。次いで、他マルウェアをダウンロードするドロッパーが24.9%、アドウェアが16.8%で続いた。特にドロッパーは、前四半期の11.0%から14ポイント近く上昇している。

また全体に対する割合が少ないものの、スマートデバイスを狙った不正送金マルウェアが活発な動きを見せている。2018年第4四半期の1.9%から同四半期には3.2%に拡大している。

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験