Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向

件数ベースで同四半期は2万9841件。前年同期の1万8192件と比較すると約58%増となった。

不正送金マルウェアの58.4%は、ロシアをターゲットとした「Asacub」のあたらしい亜種が占めた。同マルウェアは2015年に発見された不正アプリ。同四半期は1日あたり8200件をブロックしたという。

また同四半期は、ブラジルにおいてアカウント情報を盗む不正バンキングアプリがGoogle Playで流通したという。

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業