Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを利活用する企業は56% - データ利活用で「十分成果得た」3%

56%の企業がデータを利活用している一方、ビジネス上の成果を得られている企業は37%にとどまることがわかった。

ガートナージャパンが、国内企業におけるデータ活用の取組状況について調査したもの。従業員20人以上のITユーザー企業を対象に2018年10月から12月にかけて調査票を郵送。750社が回答した。

データ利活用の状況について、「全社的に利活用している」と答えた企業は20%、また36%は「一部の事業、組織で利活用している」と回答し、あわせて56%の企業が利活用していた。

一方、「現場から要望があるが利活用できていない」が10%、「経営層から要望があるが利活用できていない」が8%、「利活用しておらず、要望もない」が25%だった。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず