Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを利活用する企業は56% - データ利活用で「十分成果得た」3%

56%の企業がデータを利活用している一方、ビジネス上の成果を得られている企業は37%にとどまることがわかった。

ガートナージャパンが、国内企業におけるデータ活用の取組状況について調査したもの。従業員20人以上のITユーザー企業を対象に2018年10月から12月にかけて調査票を郵送。750社が回答した。

データ利活用の状況について、「全社的に利活用している」と答えた企業は20%、また36%は「一部の事業、組織で利活用している」と回答し、あわせて56%の企業が利活用していた。

一方、「現場から要望があるが利活用できていない」が10%、「経営層から要望があるが利活用できていない」が8%、「利活用しておらず、要望もない」が25%だった。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も