Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを利活用する企業は56% - データ利活用で「十分成果得た」3%

56%の企業がデータを利活用している一方、ビジネス上の成果を得られている企業は37%にとどまることがわかった。

ガートナージャパンが、国内企業におけるデータ活用の取組状況について調査したもの。従業員20人以上のITユーザー企業を対象に2018年10月から12月にかけて調査票を郵送。750社が回答した。

データ利活用の状況について、「全社的に利活用している」と答えた企業は20%、また36%は「一部の事業、組織で利活用している」と回答し、あわせて56%の企業が利活用していた。

一方、「現場から要望があるが利活用できていない」が10%、「経営層から要望があるが利活用できていない」が8%、「利活用しておらず、要望もない」が25%だった。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験