Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院

山口県にある周東総合病院のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされ、不正なファイルが設置されたことがわかった。

同院によれば、5月15日23時過ぎから16日18時ごろにかけて、サイトが改ざんされ、不正なファイルが設置されたもの。

悪意あるファイルが同サイトよりダウンロードされる状態だったという。患者に関する個人情報の流出については否定した。

ウェブサイトが改ざんされた原因については、サイト管理ツールの脆弱性、あるいは2019年3月まで公開していた旧サイトのデータにあるFlashの脆弱性を突かれた可能性が高いと説明している。

同院では改ざんの判明後、サイトを停止してパスワードを変更し、すべてのデータを削除。バックアップしていたデータの脆弱性を修正し、同サイトを復旧した。

(Security NEXT - 2019/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ