Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

東京理科大学の一部サイトが不正アクセスを受け、学生や教員などサイトの利用者やイベント申込者などの個人情報が流出したことがわかった。

同大によれば、同大イノベーション研究科の学生と教員向けに提供していた専用サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出したもの。

外部からメールアドレス1件とログインパスワードが流出しているとの情報提供が1月24日にあり、調査を行ったところ、同サイトのパスワードである可能性が高いことが判明。2月2日に同サイトを閉鎖した。

さらに別の組織より情報が寄せられ、ウェブサイトの構築を担当した委託先の調査で、2018年10月以前に在学生や卒業生、教員の一部が使用するメールアドレスとログインパスワードが流出した可能性が高いことが判明した。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に