Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く

日本航空(JAL)の旅客システムで一時障害が発生し、一部の便で運行に影響が出ている。

同社によれば、旅客システムで発生した不具合の影響により、8日朝より各地を発着する運航便において欠航や遅延が発生したもの。

システムはすでに復旧しているが、運航ダイヤは乱れており、8日いっぱいは一部の便が遅延するなど影響が続くという。

同社では、8日にJALグループの国内線を利用する顧客に対し、手数料を取らず搭乗予定便の振り替えまたは払い戻しを行うとしている。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け
Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新
Apple、「iOS 13.1」をリリース - 脆弱性の修正内容は不明
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
顧客メアド7676件が流出、システムトラブル原因か - Looopでんき