Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く

日本航空(JAL)の旅客システムで一時障害が発生し、一部の便で運行に影響が出ている。

同社によれば、旅客システムで発生した不具合の影響により、8日朝より各地を発着する運航便において欠航や遅延が発生したもの。

システムはすでに復旧しているが、運航ダイヤは乱れており、8日いっぱいは一部の便が遅延するなど影響が続くという。

同社では、8日にJALグループの国内線を利用する顧客に対し、手数料を取らず搭乗予定便の振り替えまたは払い戻しを行うとしている。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
ファンクラブサイトで不具合 - 会員情報を誤表示
サイト内にマルウェア、原因を調査 - サイオス
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す