Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」

7割超の企業で標的型攻撃メールの対策訓練を実施しており、情報システム管理者の約3割は、訓練メールの開封が評価に影響を及ぼすと回答した。減俸になるとの回答も1割以上にのぼる。

デジタルアーツが3月28日から4月1日にかけてインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。企業に勤める情報システム管理者330人、一般従業員1105人が回答した。

同調査によれば、回答者の71.8%において、所属する企業が標的型メール攻撃に対する訓練を実施していた。頻度を尋ねたところ、52.3%で少なくとも3カ月に1回以上、定期的に訓練が行われているという。

訓練で送信されたメールを開封した経験があるとの回答は、従業員で21.0%。一方、情報システム管理者は66.2%にのぼった。

20190510_da_002.jpg
訓練メールの開封経験(グラフ:デジタルアーツ)

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き