Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査

組織全体に一貫して適用するインシデント対応計画がないとする企業が8割近くにのぼるとの調査結果を米IBMが取りまとめた。また半数近くがEUの一般データ保護規則(GDPR)に対し、完全な遵守を実現していないという。

同社が組織におけるサイバー攻撃に対する対応や被害発生時の復旧における準備状況についてグローバル調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

米国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、ブラジル、オーストラリア、中東およびアジア太平洋を含む全世界3600を超えるセキュリティとITの専門家から回答を得た。

サイバーセキュリティのインシデントに対し、回答者の77%が組織全体に適用する対応計画の用意がないと回答。

対応計画を導入している組織であっても、54%は定期的な検証を行っていなかった。また46%は、GDPRの完全な遵守は実現できていないと答えている。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮