Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理

情報処理推進機構(IPA)は、「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」の導入や見直し時に検討すべき項目を整理した資料を公開した。

従来より提供している「Web Application Firewall読本」の補足資料として、「Web Application Firewallの導入に向けた検討項目」を公開したもの。

「WAF」をアプライアンス、ソフトウェア、サービスに分類。コストや導入のしやすさ、設定の自由度などなど、選択する際の項目を整理し、適切に運用するために必要となる体制などを説明した。

同機構では、「WAFを導入すればすべての攻撃が防御できる」との誤解もあるが、実際は定義ファイルのアップデートなど適切に運用する必要があると指摘。正しい理解のもと、「WAF」を活用するよう呼びかけている。

同資料は「Web Application Firewall読本」とあわせて同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開