Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃

2月に約27.9Gbpsのトラフィックが生じたLDAPによるリフレクション攻撃が観測された。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社のDDoS攻撃防御サービスにおける2月の観測動向を取りまとめたもの。

同社によれば、同月に観測されたDDoS攻撃は441件。前月の421件から20件の増加となった。1日あたり15.8件を検出し、前月の13.6件から上昇している。

もっとも規模が大きかった攻撃は、LDAPを用いたリフレクション攻撃。最大284万ppsのパケットにより、約27.9Gbpsのトラフィックが発生した。

また、もっとも長時間にわたった攻撃もLDAPを用いたリフレクション攻撃だったという。1時間18分にわたって攻撃が続き、発生期間中は最大で3.4Gbps程度の攻撃が発生した。

20190403_ii_001.jpg
DDoSの検知動向(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加