Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も

休暇中にパソコンやUSBメモリを外部へ持ち出した場合は、組織のネットワークへマルウェアを持ち込まないよう、マルウェアが混入していないか事前にチェックする。

休暇中に届いたメールの取り扱いにも細心の注意が必要。休暇明けで業務が集中し、対応が甘くなる時期こそ狙い目となるためだ。

メール本文のURLや添付ファイルを開かせて、マルウェアに感染させる標的型攻撃やフィッシング攻撃など想定される。

また2019年は例年と異なり、改元などに乗じたソーシャルエンジニアリングが行われる可能性もあり、あわせて注意したい。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル