Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃

ASUSのノートパソコン向けに提供されているアップデート機能が侵害され、標的型攻撃に悪用されたことがわかった。

Kaspersky Labが、ASUS製端末にプリインストールされている「ASUS Live Update」を悪用したATPグループによるサプライチェーン攻撃を確認したもの。同社は「Operation ShadowHammer」と名付けており、ASUSには1月31日に報告した。

同ツールは、アプリケーションやドライバのほか、BIOS、UEFIなどのコンポーネントを、自動的に更新できるツール。

同社によると、今回の攻撃では、トロイの木馬と化した不正なアップデートが2018年6月から11月にかけてASUSの正規アップデートサーバ経由でホストされたという。「セットアップインストーラ」などを偽装した不正プログラムは、正式な証明書で署名されており、マルウェアとして検知されることを回避していた。

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
委託先に標的型攻撃、電気通信設備の資料が流出か - 国交省
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明