Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も

Citrixが提供する「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にリモートより攻撃が可能となる深刻な脆弱性が明らかとなった。すでに悪用が確認されており、同社では早急にアップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

同社が、現地時間12月13日にセキュリティアドバイザリをリリースし、認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2022-27518」を明らかにしたもの。

「SAML SP(サービスプロバイダ)」や「SAML IdP(IDプロバイダ)」として構成している場合に影響があり、同社では脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」と評価している。

同社によると、一部の標的型攻撃において同脆弱性の悪用が実際に確認されているという。

同社では共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを示していない。米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」では、CVE番号の採番機関としてCitrixが同脆弱性のCVSS基本値を「9.8」と評価していることを明らかにしている。

(Security NEXT - 2022/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要