Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開

「NetScaler ADC(旧Citrix ADC)」および「NetScaler Gateway(旧Citrix Gateway)」に深刻な脆弱性「CVE-2023-4966」が明らかとなり、同脆弱性に対して少なくとも8月ごろより標的型攻撃が発生していることを受け、米当局は利用者に対策を促すガイダンスを公開した。

「CVE-2023-4966」は、バッファオーバーフローにより機密情報が流出する脆弱性。リモートよりメモリ上の機密データやセッションの認証トークンを窃取され、認証のバイパスなどに悪用されるおそれがあり、別名「Citrix Bleed」とも呼ばれている。

同脆弱性に関し、Citrixでは現地時間10月10日にセキュリティアドバイザリを公開してアップデートを提供。同月17日には悪用が観測されているとして注意を喚起した。

同社内部で脆弱性を発見し、アップデートをリリースしていたため、アドバイザリの公開当初、同社では脆弱性が悪用されていることを把握していなかったが、その後ゼロデイ攻撃に悪用されていたことが明らかとなった。

Mandiantでは複数の組織における被害を確認しており、調査の結果、同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が少なくとも8月下旬には展開されていたことが判明。同製品は広く活用されており、欧米、アジア太平洋地域など広く被害が発生している可能性があると分析している。

(Security NEXT - 2023/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大