Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に脆弱性、サービス拒否のおそれ

Javaサーブレットの実行環境である「Apache Tomcat」において、サービス拒否に陥る脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトウェアにおける「HTTP/2」の実装に脆弱性「CVE-2019-0199」が含まれることが明らかとなったもの。ストリーム処理に問題があり、スレッドの枯渇によってサービス拒否に陥るおそれがある。脆弱性の重要度は「重要」とレーティングされている。

同脆弱性は、2月にリリースされた「同9.0.16」「同8.5.38」で修正されており、開発チームはこれらバージョン以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み